どうせオシャレするなら誰かのために

12

KITSU

2022/02/24 19:00

Follow

『どうせオシャレするなら誰かのために』


高い安いはどうでもいい。

それぞれが気に入った洋服を着たいという想いは持って然るべき。

ハイブランドもいい、古着もいい、ユニクロもいい、好きなバンドのTシャツもいい。

その自己満足の世界を存分に楽しめばいいし僕も楽しんでいる。

しかし僕はこれからの時代を考えた時に思ったことがある。

「どうせ」オシャレするなら、「せっかく」おしゃれするなら、それが自分以外の誰かのためにもなったら。

衣食住は人間が暮らす上で必要不可欠で、服なら何でもいいという人も結局は何かを着ているわけで。

さらに洋服が好きな人は尚更、放っておいてもオシャレを楽しむ。

じゃあそのオシャレがどうせなら自分の自己満足も満たしてくれ、その上誰かのためになる。

KITSUはその一端を担えるのではないか。

いや、KITSUの洋服を着てくれるだけで、あなたが担えるのではないか。

偉そうに書きましたが、アホなりにそんなことを思ったわけです。


今回の洋服は全て一から作られている。

無地のTシャツを買ってきて、そこにプリントをしているような服とはこだわりが違う。


クローゼットの服を眺めてみる。

半袖でも長袖でもモックネックの服が八枚あった。

タートルネックでもなく、モックネックなのだ。

タートルよりもかさばらず、しかし上に着た服の下からチラッと見える首元のアクセントになる。

そして吃音症の喉から言葉が出ないという症状と、それを知って欲しいという理念、コンセプトにモックネックはぴったりではないだろうか。

でも全ては僕がモックネックが大好きってとこから始まっているんですけどね。

このモックネックシャツというアイテムはこれからKITSUの定番アイテムになっていくと思います。

初めは白のワンカラーの一本勝負で気合を見せつけました。

首周りもセンチ単位で何度も試作を行い、多くの人の首周りや体に合うよう試行しました。

是非ゲットしてもらいたい。


ノーカラーシャツも好きだ。

襟がない方がスッキリ見えるし、インナーで遊べる。

モックネックを首元から出すにももってこいだ。

古着が好きな僕はこの手のシャツやゴム紐のイージーパンツをよく買う。

しかしそれら古着とは違い、今回の素材とシルエットとカラーはどこかラフなのに上品というところに落とし込むことが出来ました。

セットアップで着るもよし、それぞれ楽しむもよし。

何よりだいぶ数が少ないのでお早めに。

参考になればとセットアップでも単品でも、合わせ方のようなサンプルを何枚か写真にしていますのでご覧ください。


ソックスに左右はあるのか。

五本指ソックスなら左右はあるだろうが、KITSUのソックスも左右がある!

これは前から見ても、後ろから見ても「KITSUON」になるように計算され尽くした(笑)配置とデザインだからだ。

僕はシンプルなコーディネートの時ほど、ソックスの長さや色にすごく気を遣う。

別にそれが派手な色でも、白黒のモノトーンでもかなりのアクセントになる。

何より今回の売りは前回好評だったおかげで前回より値段を下げることが出来ました。

全ての商品がいくら一から作っているとはいえ少しでも買いやすくしたかったですし、これからは春が来て足元のソックスも見えてきます。

よろしくお願いします。


これら全て通販で受付期間は三月の十日までとなっております。

去年行ったポップアップができればやりたいのですが、今のところ予定はありませんので受注期間にお気をつけ下さい。

もう一回言うで。

三月十日までね!


KITSUというブランドが僕のことを知らないような人に「オシャレ」だとか「吃音のため」だとかいう理由でもっと広がっていくことが目標です。

皆さん、是非身につけてアピってもらえたらと思います。

そしてその売り上げからまた吃音に関わる団体や個人や企画にどんどん寄付していけたらと思っております。

どうせオシャレするならKITSUを着て誰かのために。

これを皆さんと一緒に始められたら幸いです。




こちらのコラムが気に入った方はハートでのご支援をお願いします。

支援金の一部は、吃音症で苦しむ方々のNPO法人へ寄付されます。


ページを報告する

コピーしました

コピーしました